成年後見、司法書士逮捕

先日、群馬の司法書士が横領で逮捕されました。

 

またしても後見人による財産使い込み事件です。

後見関連ニュース(11月13日付)

https://tools.heteml.jp/mailbox/

 

私がこの事件を聞いたのは、

奇しくもリーガル・サポートの「倫理研修」を受講しているときでした。

 

「倫理研修」とは、

後見人としてこんなことをするのはまずいだろう、

こんなことをすると懲戒処分を受けますよ、

ということを勉強する研修です。

 

後見人として一番やってはまずいことは

もちろん「財産の使い込み」、横領です。

 

こういった事件がおこると

司法書士に対して、また、成年後見制度そのものに対する

信頼が大きく揺らいでしまいます。

 

ただ、多くの司法書士が、真摯に成年後見業務に取り組んでいるのもまた事実です。

 

私も「倫理研修」で勉強した「後見活動10のチェック」を常に肝に銘じながら

襟を正して後見業務に取り組んでいきたいとあらためて思いました。

 

※後見活動10のチェック※

1.誰の権利を擁護するのか?

2.何をするための後見人か?

3.本人の意思を尊重しているか?

4.財産管理のみに気をとられていないか?

5.後見人としてできること、できないことを理解しているか?

6.本人や関係者の間に適度な距離を置いているか?

7.ルーティンワークになっていないか?

8.外部から、執務の公正に対する疑惑や不信を招く行為をしていないか?

9.リーガルサポートへの相談や、家庭裁判所、関係専門職等との連携を図っているか?

10.社会貢献への意欲と誇りを持っているか?

電話・メールによるご相談

成年後見無料相談

03-6380-9593(野村)まで

(午前9時~午後6時まで)

メールでのお問い合わせはこちらから。